森を守り 暮らしを守る 平和郷管理 HEIWAGO NATURE FIELD KEEPERS

平和郷 HEIWAGO

那須 森の番人ブログ NASU BLOG

那須 本日の天気

/

明日以降の天気

HEIWAGO ANIMAL PLANET「黄金色の妖精と仲間たち」

2017年8月14日

HEIWAGO NATURE FIELDにまたまた可愛らしいお客さんが来てくれました。黄金色のふかふかの毛並みが美しい、<和名:テン、学名:Martes melampus>。別名「森の妖精」と言われています。鮮やかな黄金色のテンは日本独特の固有種で個体差はありますが北東北のテンが一番キレイな毛色をしていると言われています。

こちらの様子を伺うようにじっと見つめるつぶらな瞳。軒先に干していた柿を何個か食べてそっと森へ帰っていきました。

コチラはある日の朝、散歩中にばったり遭遇した<和名:イノシシ、学名:Sus scrofa>。思わず立ち止まって見つめ合うイノシシたちと私。イノシシと言えば「猪突猛進」のイメージですが実際はかなり臆病で警戒心の強い性格をしているんです。なりふりかまわず突き進むことはめったにありません。

町で生活しているとなかなか見かけることのないイノシシ。「イノシシ=猪突猛進」のイメージなのはTVで観る“追いかけられている切羽詰まった状態”のイノシシしか知らないからなんですね。臆病な性格なので人に遭遇したイノシシは興奮してしまい“猪突猛進”してしまうのです。

イノシシの群れを通り越してから数分後、今度は可愛らしいニホンシカと遭遇しました。<和名:ニホンシカ、学名:Cervus nippon>。もこもこのシッポがぬいぐるみのようにキュートなニホンシカ。ツノがないので雌シカのようでしたがやはり警戒心が強いのですぐに走って森の中へと去っていきました。

自然豊かな羽鳥ではイノシシやシカなどの野生動物に遭遇する機会がたくさんあります。森に入るときは鈴や音を鳴らしながら人間の存在を野生動物たちにアピールしてあげましょう。こんなにも可愛らしい野生動物たちですが森林が減ってきたことによりエサがなくなり、人里に降りてきて農作物を荒らす害獣として毎年何万匹も駆除されているのも現実なのです。これからも動物たちと共存していくために美しい自然を守っていきましょう。