森を守り 暮らしを守る 平和郷管理 HEIWAGO NATURE FIELD KEEPERS

平和郷 HEIWAGO

那須 森の番人ブログ NASU BLOG

那須 本日の天気

/

明日以降の天気

梅雨の晴れ間に「菖蒲華」あやめはなさく

2018年6月21日

七十二候、那須高原では自生した山野草が華開き始める頃。

東京のうだるような蒸し暑さを抜け、梅雨の晴れ間の早朝に愛機Cannon Eos5を片手に少しだけ散策する。仕事とはいえこの時間でメンタルがリセットされる。

葉を透かして光がレンズに差し込む。一枚一枚の枝葉がレントゲン写真のようにくっきりと葉脈を浮かび上がらせる。昨年落ちずに残っていたのだろうか、ドングリの帽子が一つ残っていた。

やっと開花したヤマボウシ、HEIWAGO NATURE FIELDのある那須高原の標高は750m。避暑地としても最適だろう。東京なら5月下旬で散りゆく草花も那須高原の別荘ならデジャブーのように二度楽しめる。

自生、野生、草花を見つけるだけで自然を生き抜く逞しさにその花弁からPOWERを注入される。

ガクアジサイ。600種類以上はある紫陽花は梅雨の季節の彩り。
この季節はHEIWAGO NATURE FIELDでも散歩する別荘オーナーの目を楽しませてくれる。那須高原ではこれからが開花のトップシーズン。

光を求めてファインダーを上空に移してみる。森の栄養をたっぷりと蓄えた枝葉も光の方向に触手を伸ばしている。

那須高原のツツジは皇室の愛子様のお印(ゴヨウツツジ)。御用邸とほぼ同標高にあるHEIWAGO NATURE FIELDにも貴重なヤマツツジやヤシオツツジが咲き誇り、ほの甘い香りが別荘地内を優しく包み込む。

足許をみるとミツバチが食事中。彼らの受粉作業が森の山野草を彩らせる大切なルーティンワーク。
そんな健気な姿にしゃがんで見惚れていたら後頭部からMASTERの心の声が。。。
「透けてるね~」

素敵な透け感もファインダーに移し込む、梅雨の晴れ間の那須高原HEIWAGO NATURE FIELDに是非お越しください。
蒸し暑い喧騒から抜け出してメンタル開放!!