森を守り 暮らしを守る 平和郷管理 HEIWAGO NATURE FIELD KEEPERS

平和郷 HEIWAGO

那須 森の番人ブログ NASU BLOG

那須 本日の天気

/

明日以降の天気

HEIWAGO NATURE FIELD「那須温泉のおはなし」

2016年4月25日

HEIWAGO NATURE FIELD内の全てのユニットには「那須七湯」に由来する、那須高原温泉㈱さん供給の「高湯温泉」(硫黄泉)を引湯することができます。

那須と言えば温泉というくらいマストアイテムです。
ローカルは当たり前のように毎日「My温泉」に入られているようですが何とも羨ましい限りの贅沢です。

那須温泉には温泉ソムリエも絶賛するあの「乳白色・ゆで卵臭」のする源泉もあり、HEIWAGO内の温泉にも同様の成分が含まれており「湯の華」が現れます。白濁湯って響きが素敵です。

効能はデトックス効果のほか老廃物を含む血の流れを改善させる効果もあるようです。美白効果もあるHEIWAGOの温泉は、入浴後は身体の隅から隅までポカポカと温まり疲労回復にも最適です。温泉に関しては那須高原温泉さんが供給管理されています。(*受湯権利金等必要)

そんなに期待させるなら温泉に入らせてくれ~!
ご案内しましょう。レトロ感たっぷり漂う那須湯本温泉街。

先ずは「元湯 鹿の湯」。
過去のNEWSでもご紹介しましたが「那須温泉神社」に由来する1300年の歴史をもつ最古の立ち寄り湯です。松尾芭蕉も46才の時に立ち寄った事でも有名ですがこの温泉が那須温泉街をメジャーにしました。

鹿の湯から緩やかな石畳を歩くと右手に石造りの蔵が見えます。屋号もハッキリと確認できます。

ゆっくり歩いて往復30分程度ですが、夕暮れ時の怪しい時間帯にカメラのファインダーを覗いたせいか昭和初期に迷い込んでしまったような錯覚に陥りました。ローカルな立ち寄り湯もあります。

毎日、那須高原のHEIWAGO別荘で白濁湯に浸かる。。そして心身ともにキレイになる。。

 

 

こんな贅沢なかなか享受できるものではありません。

この時期になると「那須で仕事してよかった~ 日本人に生まれてよかったわ~」(注 サボってはおりません)としみじみ実感する今日この頃です。
別荘でのお風呂に飽きたら湯本温泉街でひとっぷろ浴びるのも楽しみの一つです。地元の方との会話も味わい深いものです。