森を守り 暮らしを守る 平和郷管理 HEIWAGO NATURE FIELD KEEPERS

平和郷 HEIWAGO

那須 森の番人ブログ NASU BLOG

那須 本日の天気

/

明日以降の天気

那須高原の「頂いてうれしいオモタセの逸品」

2016年4月25日

那須高原の別荘「HEIWAGO NATURE FIELD」で至福のTKG(卵かけごはん)をいただく。

先日、那須高原の「二期倶楽部」でランチされたお客様からこんな素敵なおもたせをいただきました。いやはやその旨さに朝から目が覚めました。

このお米はHEIWAGO NATURE FIELDから車で約40分のところにある那須町伊王野産の「弁慶米」というブランド米です。

1㎏800円とちょっとお高いお米ですが熟成堆肥土づくり肥料によって極力農薬を使わない農法にこだわる特別栽培米です。那須高原の二期倶楽部では毎朝朝食に提供されています。

リフトアップ!
この色艶、光沢、一粒一粒の大きさ、誰かの言葉を借りれば「まるで宝石箱」のようです。

そこで同じく提供されている滋養卵「純」!コクと旨みが凝縮されてそのままでも口中に幸せが拡がります。

6個パックで600円とこちらもちょっと驚きの価格。でもオモタセなら一気に食べられちゃいます。

やっぱりこうしちゃいましょ!

 

熱々ご飯と生卵(TKG)他には何もいりません。卵を纏った銀シャリ一粒一粒が黄金色に輝いて見えます。マリッジリングにしたいくらいです。大人の飲み物「TKG」一気に飲み干すことは厳禁です。

那須町には過去のNEWSでご紹介しました「なすひかり」のほか、無化学肥料栽培「わたなべぼし」、日本初!大麻の肥料で育てた「麻の舞」、天日干し「はぜかけ米」など実は美味しいお米王国なのです。

肥沃な土壌と天然水が育んだ那須高原の作物たち。こんなお米たちに囲まれて絶品ごはんが好きな時に食べられる。そんな至福な時間と場所が那須高原の「HEIWAGO NATURE FIELD」にある事は食いしん坊の幸せです。みなさんも是非食べ比べてみてください。
(*体重増加にご注意を)